AGAや薄毛治療ならAGAライオンメディカルクリニック大阪梅田院

年代別のお悩み解決│AGAライオンメディカルクリニック 大阪梅田院

20代男性で薄毛に悩んでいる方も最近増加傾向にあります。
放っておくことで確実に薄毛が進行していきます。

20代前半であったとしても薄毛が進行してしまう…それが俗に言う若ハゲです。20代だと、まだまだ数としては少人数と言えるでしょう。
周りは髪の毛がふさふさですよね。悩みも打ち明けられずに、一人で悩み続けている、という方も多いのではありませんか。
では実際に、日本人男性のハゲの割合はどのくらいなのでしょうか?

成人男性の3人に1人は薄毛という割合

30代以上も含めた日本の成人男性の数はおよそ4,200万人です。
その内薄毛で悩む人がどのくらいいるでしょうか?

およそ3人に1人、約1,260万人が薄毛で悩んでいるのです。

●年代別(薄毛・脱毛を認識)

年代 認識割合
10代 10%
20代 26%
30代 38%
40代 45%
50代 54%
60代 60%

●進行具合の認識

進行具合の認識

そう考えると薄毛自体は決して少数派ではありません。
少数派でないなら街中で見かける機会が多いのではとお思いになられた方もいらっしゃるかと思います。
実際に当院のようにAGAを専門に取り扱うクリニックに行けば納得されるかと思います。今、AGAを治療するクリニックは薄毛で悩む男性で溢れ返っています。
昔と比べて確実に薄毛が治療できるようになり、一見すると3人に1人が薄毛に悩んでいるとは思えません。

早い人は20代前半から薄毛になる可能性

一般的に頭髪が薄くなる時期は、40代頃が多いとみなさんはそう思われている人も多いでしょう。しかし、人によっては20代や30代で薄毛が目立つこともあり得ます。
なぜ若くして薄毛になってしまうのでしょうか?
その原因としてあげられるのは、AGAによる脱毛症・遺伝・生活習慣等があげられています。
中でも若ハゲの人が陥りやすいのは、食生活の悪化、睡眠不足、過剰なヘアスタイリングなどです。

  • ・食生活の悪化

    栄養不足または油分のとりすぎ。

  • ・睡眠不足

    髪の毛ダメージ修復ができる22時~2時のゴールデンタイムに十分な睡眠が取れていない。
    ストレスを感じ、緊張状態が続くことで血行が悪くなり頭皮へと栄養が行き渡りづらくなる。

  • ・過剰なヘアスタイリング

    過去にブリーチやヘアカラー、パーマなどをする機会の多かった人がなりやすい傾向。
    特にこれらを美容室でプロにやってもらうのではなく、自分で行っていたという人は要注意。

20代〜30代の患者が増加傾向

ここ数年で、発毛専門クリニックにおける
20代~30代の患者様が増加しています

129%増加

AGAを治療する方法は、現時点では治療薬の服用以外に対策手段が存在しません。
30代~40代でAGAになる人と比べて20代でAGAが発症してしまえばみるみる内に薄毛になります。20代はAGAの進行スピードが速いということです。
しかし、30代~40代と比べて、AGAの進行スピードが速いが、治療の改善速度も速いです。

だからこそ自身だけで悩まず「まだ大丈夫かな?」と思わず専門医師に相談を

自己判断による脱毛症の原因追求には
誤りがあるケースが多く、助長する場合も!
専門医師による早めの
治療で解決できます!

単に薄毛・抜け毛といってもタイプやその原因は人それぞれです。AGAと薄毛の原因を調べて、適切な治療方法をする必要があります。それができるのはAGAや薄毛を専門として治療を行う医師がいるからこそ提案できることがあります。
AGA治療に来られる患者様は、学生から20代の若い会社員の方など様々です。生活習慣やストレスなど、薄毛の原因も人それぞれですので、何歳から気になり始めても不自然なことではありません。
遺伝や生活習慣の面も考慮して治療を行うことで短期間でケアできるようにする、そういった目標設定を医師と患者様が二人三脚で考えることが可能なのが専門クリニックです。
当院の治療では、薄毛の原因を客観的に分析し、一人ひとりに最適の治療方針を立てることが可能です。まずは、ご自身の薄毛の状態を、専門医師に相談してみてはいかがでしょうか。

当院でAGA治療を受けられた方一例

[AGAの治療には薄毛の原因を調べて、適切な治療が必要です。]

まずは自分の生活習慣を整える事から始め、そこから専門医師に相談するなど的確にAGAに対して治療していく事が、若ハゲ対策としては一番効果的です。
治療実績などを見ていただき、お問い合わせはもちろんのこと、お気軽にご相談ください。