植える、かぶせるではない、自分の髪の毛が生えてくるということ

[治療の豆知識] AGA治療で髪はすぐ生えるの?│AGAライオンメディカルクリニック 大阪梅田院

AGA治療は3か月~6か月で効果を実感!

AGAライオンメディカルクリニックでは豊富な治療経験とデータを基に、患者さまに最も適した薄毛治療を提供し、最短で改善効果を実感して頂きます。 早い方で治療期間2ヶ月程、通常でも6ヶ月間の治療期間内で99%以上の方が患者さま自身でご記入いただくアンケート用紙にて発毛効果・薄毛改善を実感して頂いております。

当院で行うAGA治療とは

当院で提供する治療は日本皮膚科学会で唯一Aランクに認定されている治療法を用いておりますので、現在考えられる発毛治療のうち、確かな効果を医学的・科学的に実証できた根拠のある薬剤と治療法を複合的に組み込み合わせ最新の薄毛改善治療を行っています。

また、一般の皮膚科など処方してくれるプロペシア(現状維持を目的とした薬剤)ももちろん取り扱っていますが、プロぺシアは抜け毛を防ぎヘアサイクルを正常化する作用がありますが、新しい髪を生やすのは難しいとされていますので、あくまで、抜け毛予防を目的とした見解が一般的です。

当院では一般の皮膚科病院では処方されない内服タイプのフィナステリドやミノキシジを配合したオリジナル発毛薬、その他にも髪の成長に必要な有効成分サプリメントを調合し、最も効果の高い処方として提供していますので、プロペシア単体の投薬では不可能な効果的な治療効果を得ることが可能です。だからこそ発毛効果に絶対の自信があるか出来る『返金制度』もご用意しています。

薄毛治療は早く開始する方が回復も早い。

当院のAGA治療は最短で最高の効果を得られるようにしていますが、それでも風邪のように2~3日で治るようなものではありません。
AGAは男性ホルモンを原因としたものですが、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に結合して脱毛シグナルを与え、通常ならば髪の毛の成長期間にある毛根を強制的に委縮・収縮させ、退行期、休止期に導くことで薄毛化、軟毛化が進行していきます。これを髪のミニチュア化と呼んでいますが、長い間ヘアサイクルが乱れたこのような状態では毛根はすでに活力を失っており、生えている毛も産毛など細く弱いものになります。まずは髪の毛の工場である毛根を復活させ、さらにそこから生える髪の毛が安定して強く太い毛にするにはそれなりの期間(数か月)がかかります。
一部の薄毛が気になっているが完全に頭皮が露出しているわけではない、というような薄毛の初期の場合、すぐに気になる頭皮が見えなくなるまで回復するのはそう難しいことではありませんが、 すでに完全に頭皮が露出してしまっているような場合は、まずは産毛を生やし、その毛を太くして、安定して髪の毛が成長できるようになるにはやはり時間がある程度は必要です。 ですから治療開始は早ければ早いほど改善までの期間も短く、もちろん料金も安価に治療することが可能です。 市販の育毛剤などでいたずらに時間を浪費して治療を遅らせると回復までの時間も長くかかってしまいますので、AGAには早期の治療開始することを当院ではお勧め致します。

AGA治療の開始は何歳くらいから始めるのがいいの?

AGA治療の開始明確な治療開始の年齢の指針などはありませんが、AGAの原因となる男性ホルモンは思春期以降に関係してきます。
早い人では高校生・大学生ぐらいからAGA(薄毛の進行)が発症する方もいらっしゃいます。当院ではで20代~40代くらいから薄毛を気にして受診される患者さまが多いですが、実際は患者さんはその何年も前からご自分の薄毛を確認していて、さらに市販の育毛剤などの手当てが功を奏せず来院される方がほとんどです。
いつまでも効果の出ない市販の育毛剤やヘアサロンに何年もかけ、お金を払い続ける必要はありません。
こういった方々がもし最初から医師による医学的な治療を受けていたなら、もっと早く確実な治療効果を得ることができたのにと残念に思うこともあります。