ただ販売するだけ?AGA専門医療機関との大きすぎる違い

[治療の豆知識] 発毛クリニックと育毛サロンの違い│AGAライオンメディカルクリニック 大阪梅田院

どちらも頭皮の専門家?いいえ、役割もできることも全然違います!
発毛クリニックは「医師による医療行為」。医学的根拠による信頼度は
別物です。

「発毛クリニック」や「育毛サロン」という施設は増えてきています。AGA(男性型脱毛症)が認知されるようになった昨今は特に顕著です。でも、同じように見えて「発毛クリニック」と「育毛サロン」とでは、役割もできることもまったく違います。医学的根拠や専門的な研究による実績ある医療機関と、そうではないものとの違いを是非とも知っておいていただきたいのです。

当院で行う医療機関で行うAGA治療と育毛サロンの具体的な違い

当院で行う医療機関で行うAGA治療は、医学的な根拠と理論に基づいた“発毛治療”です。医療機関が行う“医療行為”のため、ヘアサロンやエステサロン、発毛・増毛サロンなどで扱っているサービス施術とは全く異なります。

また、これらのサロンで、当院が行っているAGA治療を行うことは一切できません。
理由は医療機関では無いからです。

ですので、育毛サロンでも、薄毛の原因がAGAであることを指摘してくれることもありますが、医療機関ではないので、それを“治療”することはできないのです。
サロンの施術は、AGAとは関係ない皮脂の過剰分泌による「脂漏性脱毛」などには効果は期待できますが、「男性型脱毛症」という男性特有(M字・前頭部・頭頂部による薄毛)の病気であるAGAには、やはり医療機関である病院で治療することがもっとも有効的です。

当院で行う医学的なAGAの治療には、豊富な知識と経験を積んだ医師の診察とオリジナル医薬品の処方に基づいて、プロペシアなどの専用薬剤とミノキシジルなどの医薬品を使用します。一部で被害が出ている育毛サロンによる患者さまに高額な頭皮ケアの機器を購入させたりするようなことも一切ありませんのでご安心ください。

AGA専門の医療機関、それはリスクもなく安全に効果的な治療が可能な医師による薄毛専門の治療が行える場所ということです。

育毛サロンでは行えない医療行為、それは内服薬や外用薬の処方、注射や点滴などによる治療。つまり非医療機関でできることは民間で一般的に買える有効成分の薄い薬品の販売、民間でできる行為にとどまるということ。決して意味が全く無いとまではいいませんが、長大な時間と結果的に高額になる費用を必要とします。たとえば、AGA治療にフィナステリドという成分に発毛効果があることがわかっており、プロペシアのジェネリック医薬品としてフィンペシアというお薬も世の中にリリースされ話題になりましたが、いずれも医師の診断と処方なく販売は絶対におこなわれません。なにより、効果の面だけではなく安全性という意味でも、ちゃんとした検査と診察のうえで診断され、この療法を受けても大丈夫、という診断に対して患者さまが納得されて治療をすすめるということは、何より優先されるべきことではないでしょうか。