医学的根拠のある薬剤、本当に信用・信頼できる薬剤でおこなう薄毛治療

[治療の豆知識] 日本皮膚科学会の薄毛治療ランク付け│AGAライオンメディカルクリニック 大阪梅田院

「結局、いろいろあるけどどれが効くのかわからない。」
薄毛改善に良いとされる成分を日本皮膚科学会が公表しています。

薬局などで販売され医師の処方なしでも購入できるものから、AGA治療に本格的に使用され医療用成分プロペシアを含むものまで、薄毛改善を謳う医薬品は世の中にたくさんあります。そして含有される医療成分も当然まちまちなのが現状。どの成分が医学的により高い効果が認められ、どれを使用スべきではないか、そしてアレルギーで第一候補が選択できない場合には次の選択肢にはどれを選べばよいのか、どれだけ調べても一般の方にはほとんど分かるわけがない…と思われますよね?実は、それを公表しガイドラインを作成している機関があります。それが日本皮膚科学会です。
当然、当院で使用している薬品の成分もちゃんとランク付けされています。

フィナステリドとミノキシジルのランクは?

当院で使用しているフィナステリド製剤とミノキシジル製剤、これらはいずれも「Aランク」と認められています。このガイドラインにおいても、最も効果が確認され治療に使用するという意味の、「行うことを強く勧められる」つまり強く推奨されているものとなります。AGA治療にあたって、医師がまず第一に選択すべきであり、実際にこの2種の薬剤は臨床試験でも圧倒的な成績をおさめ実績を残しています。

明確化される男性脱毛症の対処法

推奨度 対処法 推奨度 対処法
A ミノキシジル C1 アデノシン
A フィナリテリド C1 サイトプリン・ペンタデカン
B 自毛植毛術 C1 ケトコナゾール
C1 塩化カルプロニウム C2 セファランチン
C1 T-フラバノン D 人口植毛術

A=行うよう強く勧められる / B=行うよう勧められる / C1=十分な根拠がない / C2=根拠がないので勧められない / D=勧められない

なお、この日本皮膚科学会が公表したガイドラインでは、フィナステリドとミノキシジルというAランクに継いでBランクには実は自毛植毛、以下C1ランクと続きます。つまり薬剤で圧倒的な効果と申し上げた理由がそこにあります。また、Aランクの「行うよう強く勧められる」から「行うよう勧められる」C1「十分な根拠がない」C2「根拠がないので勧められない」D「勧められない」と続きます。Bランクに自毛植毛、そしてC1ランクには塩化カルプロニウム、T-フラバノン、アデノシン、サイトプリン、ペンテダカン、ケトコナゾール、C2ランクではセファランチン、そしてDランクに人口植毛術となります。

薬局で販売される育毛剤をあれこれと試してみた、またはご自身で効能を調べてみたという方には聞きなれた成分もあるかと思います。しかし、このAランクとそれ以外のC1ランク以下のものとの間には大きな開きがあり、信頼性も大きく劣るものであるという結果となります。当然ながら、これらがいくら含まれるとはいえ、市販の育毛剤には法律上でも含有量が厳しく規制されていたり、本当に微量だったりします。決して安くないものをせっかく薬局で購入したものの、残念ながら十分な発毛効果が見られない、という声が多くあがる理由ともなっています。

実際の医療機関での臨床現場では最適な量を調整して処方されて
います。

当院のような医療機関においては、もちろんAランクとなるフィナステリド製剤やミノキシジル製剤は第一に選択され実際に処方されています。そしてほとんどの症例において、患者さま自身の実感はもちろん、誰の目にも明らかな発毛の実績を残しております。

そして、専門機関である当院におけるAGA治療では、これら医学的な根拠のある成分を使用しての治療や処方を行うのはもちろん、その配合量の調整や毛根までちゃんと届け効果をより高めるための工夫がなされた薬剤の開発をおこなうなど、可能なかぎりの努力を日々続けております。

一般の皮膚科では行なわれない、AGA専門の医療機関だからこそ成せることです。

また、同時に私たちは専門機関として、再診の治療データ、薬剤の情報と研究データを集約し、それらを実際の治療の現場にフィードバックすると同時に、これら最新の情報はつねに患者さまにも開示しております。